コストコの韓国唐辛子ツナはコスパ最高で、アレンジ料理としても最適

コストコ商品
モンキーパパ
モンキーパパ

こんにちは、モンキーパパです。韓国のツナ缶が売られていたので、興味本位で購入してみました。

夫婦揃って、辛いものが好きで、韓国料理をよく食べています。

パンダママ
パンダママ

韓国のツナ缶は、開けてびっくり、真っ赤なカツオが入っていたので、どんな味がするのか気になるわね。

実は、韓国では缶詰の種類が豊富で、特にツナ缶は様々な種類が販売されているそうです。

その中でも、東遠ジャパン株式会社(DONGWON)で製造されている、コストコの韓国唐辛子ツナは、

韓国で初めてツナ缶を出した老舗メーカーだそうです。

Korea Brand Power Indexという韓国内の各部門のランキングを紹介する協会の発表で、2000年からずっと1位獲得している、かなり有名な商品でした。

パンダママ
パンダママ

どんな分野でも1位を取ることは、難しいわ。

実際に食べてみた感想などをお伝えできれば思います。

見出し
  • コストコの韓国商品が気になる方
  • 韓国料理が好きな方
  • 韓国唐辛子の味や詳細が気になる方

コストコの韓国唐辛子ツナとは

正式名所は、旨辛!やみつき韓国ツナ缶唐辛子ツナと言うそうです。

ツナ缶といえば、日本ではマグロを使用しますが、韓国ではカツオを使用するそうです。

また、ツナ以外にもトマトペースト・じゃがいも・人参・玉ねぎといった野菜も含まれています。

パンダママ
パンダママ

野菜もとれて、副菜としても活躍できそうね

箱に入っていますが、開けると韓国語が出てきます。異国感がたまらないですよね。

韓国語が読めなくても心配ありません。箱に日本語表記で記載されています。

並べてみるとこんな感じです。全12個入っています。1缶当たり100g入っています。

通常のツナ缶は、60gだったので、比べると一回り大きいでしょうか。ただ、ツナ以外にも野菜も含まれているので、正確な比較は難しいです。

蓋は、プルタブタイプなので、缶切りは不要です。

開けるとこんな感じです。いかにも韓国料理という感じですよね。

モンキーパパ
モンキーパパ

この見た目で、美味しそうと思った方は、おそらく韓国料理好きです

コストコの唐辛子ツナの商品情報
  • 値段:1,580円
  • 容量:100g×12個
  • 賞味期限:5年
  • メーカー:東遠ジャパン株式会社 唐辛子ツナ
  • 産地:大韓民国
  • 保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存
  • カロリー:122.4kcal(1缶当たり)
  • 栄養成分:タンパク質13.0g、脂質3.4g、炭水化物10.0g、食塩相当量1.4g
  • 原材料:カツオ、唐辛子ソース(トマトペースト、砂糖、唐辛子粉、にんにく、牛肉エキス、酵母エキス、食塩、玉ねぎ粉末、こしょう加工品)、野菜(じゃがいも、にんじん、玉ねぎ)、植物油脂/甘味料(ソルビトール)、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、増粘剤(加工デンプン)、パプリカ色素、(一部に大豆・牛肉・ゼラチンを含む)

賞味期限が、5年もあるので、腐らせる心配はありません。むしろ非常食としておすすめできそうです。

コストコの唐辛子ツナのお味は?

見た目が、真っ赤なので辛そうと思われるかもしれないですが、そこまで辛くはありませんでした。

モンキーパパ
モンキーパパ

辛いもの好きからすると少し物足りないと感じます

見た目以上の辛さは、ありませんので、辛いのが苦手な方も食べられると思います。

ほんの少し、甘辛さがある程度です。トマトペーストが入っているので、マイルドになっているものと思います。

ほぐれたカツオの身と、ランダムに細かくカットされているじゃがいも・にんじん・たまねぎがあります。

唐辛子ツナをお皿に盛り付けました。

カツオは、ピリ辛で美味しいです。

じゃがいもも小さく刻まれています。ツナ缶に野菜も入っているのでは、韓国ならではでしょうか。

じゃがいも同様、人参も小さく刻まれています。

少しわかりにくいですが、玉ねぎも入っています。

コストコの唐辛子ツナのコスパ検証

日本では、唐辛子ツナは販売していないので、一般的なツナ缶との比較となります。

ツナ缶コスト比較
  • コストコの韓国唐辛子ツナ(100g):132円
  • 楽天の韓国唐辛子ツナ(100g):167円(別途送料)
  • スーパーのツナ缶(70g):120〜130円

韓国唐辛子ツナは、店舗販売ではおそらくコストコしか販売されていません。

また、ネット通販では、割高な上に送料がかかってしまいますので、コストコで購入することをオススメします。

モンキーパパ
モンキーパパ

賞味期限が5年もあるので、買いだめしても良いかもしれないですね

スーパーで購入できる、一般的なツナ缶と価格帯はあまり変わりませんでした。

ただ、1缶当たりの容量は、韓国唐辛子ツナのほうが30gも多いのと、ツナ以外にも野菜も多く含まれているので、こちらのほうがお得と感じます。

韓国唐辛子ツナのオススメの食べ方を紹介

我が家のオススメの食べ方を紹介します。

韓国唐辛子ツナのオススメの食べ方
  • ご飯:ツナにしっかりと濃い味付けが付いているので、相性抜群です。
  • チャーハン:韓国唐辛子ツナを加えるだけで、ピリ辛チャーハンの完成です。
  • うどん:温泉卵・刻み海苔・韓国唐辛子ツナを突拍子して、簡単韓国風うどんの完成です。
  • お酒のお供:シンプルにお酒の相性も抜群です。

韓国唐辛子ツナをトッピングするだけで、韓国風〇〇となるので、アレンジ料理としてもオススメです。

唐辛子ソースが万能で、いろんな料理に組み合わせることが出来ます。

モンキーパパ
モンキーパパ

お酒のお供しても非常におすすめですよ。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。韓国唐辛子ツナは缶は韓国語表記で、異国感が出ていますよね。

コストコならではの商品という感じもします。韓国では有名なメーカーで作られていますので、品質も問題ないと思います。

パンダママ
パンダママ

なんとなく、外国語表記の食べ物って怖いよね笑

単品として食べてももちろん美味しいですが、唐辛子ソースが非常に優秀でいろんな料理に加えるだけで、簡単に韓国風にアレンジすることが出来ます。

モンキー家族
モンキー家族

最後まで読んで頂いてありがとうございました。少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました